滲炭作業(自家製鋼)

@滲炭作業(自家製鋼)

永井のくわは土を切る刃物です。軟鉄を炭の中に封じ込め、高温で蒸し焼きにし、炭の炭素を片面から軟鉄に滲み込ませ鋼にします。この作業により境目のない理想の鋼が出来ます。従って長期間使用しても刃の付いたまま減ってゆく永井のくわができるのです。

焼きならし

A焼きならし

滲炭された鋼を加熱し鍛造する事で、鋼の組織を微細化し、鋼の性能を向上させます。

焼きいれ

B焼入れ

専用温度計で温度を一定に保ち、安定した焼入れを行っています。

狂いとり

C狂いとり

焼入れによって生じる「くるい(ヒズミ)」を一丁ごと、ていねいにとり、土との抵抗を最小におさえます。だから永井のくわは土のとおりが良いのです。

刃つけ

D刃つけ

切れ味には、刃の角度、厚みが重要です。ベテランが、焼がなまらないように、素早く理想の刃を付けます。

角度検査

E角度検査

柄の角度により、鍬の使い勝手は大きく変わります。作業の種類、地方によって、鍬の角度はさまざまです。一丁一丁角度を計り合わせます。